コロンを作る

セミナーに参加してきました。


 

 

 

 

 

香り作りです。

いわゆる「ケルン水」

こんな感じだったのでしょうか?

 

コロンや香水を作るのもアロマの楽しみのひとつです。

<a title=”東京練馬区 アロマテラピー” href=”http://aroma-harmony.com/” target=”_blank”>東京練馬区 アロマテラピー</a> <a title=”アロマの資格取得” href=”http://aroma-harmony.com/forexpert.html” target=”_blank”>アロマの資格を取りたい方はコチラ</a>

 

 

 

 

脚の疲れ用のレシピが役に立った日

 

1週間ほど前にセミナーに参加しました。

 

その、午後の部が4㎞ほどのウォーキングでした。

 

 

 

始めのうちは曇りで快適だったのですが、途中からカンカン照りになってしまい、へとへと。

最終目的地の赤坂日枝神社まで、おしゃべりしながらの楽しい時間でした。

そして、帰宅後、

脚の疲れ用のレシピをしっかり塗って、

翌日に疲れを残さないようにケアをしておきました。

翌日はバッチリです。

 

東京練馬区 アロマテラピー アロマの資格を取りたい方はコチラ

アロマハーモニー
http://aroma-harmony.com/

我が家のホームケアレシピ(脚の疲れなど)4

キャリア 30ml

 

カタフレイ 5滴

ジュニパー 5滴

ラベンダー・ストエカス 5滴

ユーカリ・レモン 5滴

イランイラン 4滴

バジル 3滴

ヘリクリサム 3滴

この目的なら、どのレシピでもカタフレイの代わりにサイプレスやジュニパー、場合によってはシダーなども使います。

私がカタフレイを使うのは禁忌がないという利点があるためです。

 

東京練馬区 アロマテラピー アロマの資格を取りたい方はコチラ

アロマハーモニー
http://aroma-harmony.com/

我が家のホームケアレシピ(脚の疲れなど)3

キャリア 30ml

寒い季節はキャリアにホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどの植物油を使うことのありますが、

汗ばむころになると、オイルのべたつく感じやあとでティッシュオフしなくてはならない面倒さを思うと、

ミルクローションやジェルクリームなどを使う方が多くなります。

使用感の良さは抜群です。

 

オレンジ・ビター 5滴

カタフレイ 5滴

レモンバーム 5滴

バジル 3滴

ヘリクリサム 2滴

 

血液の流れを良くしたいと思うときは、必ず入れるヘリクリサム。

精油で作る家庭の救急箱には必須です。

 

東京練馬区 アロマテラピー アロマの資格を取りたい方はコチラ

アロマハーモニー
http://aroma-harmony.com/