我が家のホームケアレシピ(気分の不安定など)

いろいろな気持ちの問題

不安なり不眠なり、気持ちの問題はとりあえず自律神経の調整を考えてみます。

イブニングプリムローズオイル 3ml

ローズヒップオイル 3ml

ラヴィンツァラ 15滴

グレープフルーツ 15滴

レモン 6滴

カモマイル・ローマン 5滴

ティートゥリー 5滴

ベルガモット 5滴

マンダリン 5滴

レモンバーベナ 5滴

クローブ 2滴

ローズマリー・ベルべノン 2滴

香りが重要なので、好きな香りに作るようにします。

安心、神経調整、神経強壮、鎮静、リフレッシュ、頭をスッキリさせる、

やっていることが矛盾しているようですが、実はそうではなく

調整するために考えた精油です。もちろんこれらだけではないので

他のブレンドもいろいろ作ります。

東京練馬区 アロマテラピー アロマの資格を取りたい方はコチラ

アロマハーモニー
http://aroma-harmony.com/

我が家のホームケアレシピ(痰)

痰が切れにくい咳

おじさんたちにありがちなゼロゼロ、ゲロゲロっていうあれです。

本人たちもすっきりしないでしょうけれど、まわりで聞いている私たちも結構気分悪いです。

胸に塗布と、誰かいれば背中に塗ってもらう。

ミルクローション15ml

ユーカリ・ラディアタ 4滴

ラヴィンツァラ 4滴

イヌラ 3滴

マンダリン 3滴

クローブ 1滴

痰を切る、抗菌、気分的に安心できるように。

これを塗っていれば、風邪やインフルエンザの予防にもなるので

家族も気分よく塗っています。

我が家のホームケアレシピ(ヘアケアローション)

ヘアケアローション

ハンガリーウォーター(ハーブのチンクシャー) 2ml

アルガンオイル 2ml

ローズウォーター(ハーブウォーター) 46ml

作り方:

ハンガリーウォーターとアルガンオイルをしっかり混ぜるのがポイント。その後ローズウォーターを加えて、これもよく混ぜる。

使い方:

ドライヤーをかける前に髪につける。

朝の寝癖直し。

シャンプー後タオルドライいてからつけるとリンスもいりません。

 

東京練馬区 アロマテラピー アロマの資格を取りたい方はコチラ

アロマハーモニー
http://aroma-harmony.com/

我が家のホームケアレシピ(脚の疲れなど)

脚の疲れ

ミルクローション 30ml

パイン 3滴

マスティックトゥリー 3滴

レモン 3滴

ローズマリー・カンファー 2滴

ウィンターグリーン 2滴

カモマイル・ローマン 2滴

シナモン・カッシア 2滴

ユーカリ・レモン 2滴

むくみによる疲れ、痛み、血流促進、

ひざなどの痛み、

脚が攣るのを予防

東京練馬区 アロマテラピー アロマの資格を取りたい方はコチラ

アロマハーモニー
http://aroma-harmony.com/

 

我が家のホームケアレシピ(パック)

パック

モンモリオナイトのパック基材 90g

ラベンダー・アングスティフォリア 2滴

レモン 2滴

ローズウッド 2滴

ローズマリー・ベルべノン 2滴

ローズ 1滴

ヘリクリサム 1滴

汚れや角質の除去はモンモリオナイトにお任せ

皮膚再生、シミ対策、血行促進、皮膚弾力回復、

顔に使用するので香りの好みは重要です。

 

東京練馬区 アロマテラピー アロマの資格を取りたい方はコチラ

アロマハーモニー
http://aroma-harmony.com/

我が家のホームケアレシピ(シャンプー)

シャンプー

シャンプー基材200ml

マンダリン 10滴

ラヴィンツァラ 10滴

ラベンダー・アングスティフォリア 8滴

イランイラン 5滴

パイン 5滴

パルマローザ 5滴

ローズマリー・ベルべノン 5滴

クローブ 2滴

髪、地肌の活性化、収斂、抗菌

香りの作用によるリフレッシュして、安心、誘眠

そしてボケ予防

東京練馬区 アロマテラピー アロマの資格を取りたい方はコチラ

アロマハーモニー
http://aroma-harmony.com/

やっと

 

去年の夏、買おうと思って本屋に行ったら売り切れていたので図書館に予約を入れたのが今やっと来ました。

矢部太郎らしいなぁと・・・

彼はお笑い芸人に向いているのかしら?と

おもしろすぎ!このセミナー

 

情報をどのように自分の知識にするか・・・

毎日毎日テレビなどからあふれ出る情報がどの程度正しいのかあるいは間違っているのか?

と疑問に思うことがたびたびあります。

間違っているとは言い切れないものの、限定的だったり、盛ってあったり、情報源にとって有利なことだけが表に出ていたり。

インパクトのある情報は、ちょっと立ち止まって、あるいは一歩引いて、もう一度条件や情報源を確かめてみる必要があるようです。