無題

NHKでドラマをやっていました。

それが面白かったので原作の漫画を読もうと思ったのですが、あいにく図書館の順番が回ってきそうになかったので、この小説を読みました。

ドラマのままというかドラマが原作のまま。

なので面白かったです。

ドラマの再放送を心待ちにしています。

 

 

 

図書館の予約がやっと回ってきました。

う~~ん

暗い・・・暗いよ~~

登場人物皆、あるあるだよなぁって思います。そこまではいかないけど、ぎりぎりの人、結構いたんじゃないかなって思います。

失敗と後悔だらけだよね。

 

 

 

ブームが過ぎたのですぐに借りることができました。

でもあれだけ予約人数が多かっただけのことはあります。

先を読みたい!次はどうなる?という気持ちになる本でした。

でも残酷。

たまたま

昨年末、たまたま図書館に本を返しに行ったら、こんなことやってました。

自分では絶対に選ばない本が入っていました。

その本が面白いかどうかは別にして、こういうのって楽しい!って思いました。

 

 

 

 

 

 

福袋に入っていたのがこの2冊。

 

ココ・シャネルの生い立ちの絵本

 

 

 

 

 

大正~昭和初期の文学に登場した妖艶な悪女の挿絵集。