鹿の王

文庫本になったので持ち運べるので読みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

上橋菜緒子さんの作品は動物がよくでてきますね。

獣の奏者も動物ものでした。大好きでした。

「鹿の王」は最近よく勉強している免疫のはなしとリンクするので、とても興味深く、ファンタジー作品なのにものすごく現実的で、私たちのまわりで起きている、もしかしたら、ごく近い世界で起こっていることのように感じます。

さすが本屋大賞!

でも私は「精霊の守り人」シリーズがやっぱり一番好きです。

 

こんな本も読みました。

実はこの人の話、かなり好きです。


この堂々としたひねくれおばさん。

話を聞いている分には、本当に面白い人だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください